久保研二
作家・音楽プロデューサー・講釈師

日本作詩家協会会員

 

うたづくり、しゃべくり、そして介護。


1960年、兵庫県尼崎市生まれ。関学中高卒。
音楽、文学から一時期離れていたが、1997年から創作活動を再開。
日本語の情緒を大切にした「うたづくり」を日々行っている。

また、音楽に限らず、幅広い知識を、ダミ声の関西弁で語るそのキャラクターから、ラジオパーソナリティや講演でも活躍中。

現在、萩市佐々並にアトリエ「佐々並音楽堂」を構え、歌づくりと共に、アルツハイマーの父との奇妙な介護生活を送っている。

 

日々の出来事などは、facebookで随時更新中。

文章のおもしろさから、facebook内でも久保研二ファンは多い。



略歴
1997年 創作活動を再開
2005年 CDアルバム「ゼリー心臓」を制作。新たな詩的世界を提示。
2007年 山口県山口市に転居。
2010年 「山口でうまれた歌」プロジェクトがスタート
    FMきらら「人間まるごとリサイクル」がスタート(2014年で一旦終了)
2011年 「大人の童話•暖炉の真ん中」(文芸社)を発表
                山口県萩市佐々並に転居、佐々並音楽堂を構える。
2014年  10月から、ラジオ新番組、

    《久保研二の Roo Go! & Kai Go! 》が、スタート。

 

介護関係の講演依頼が急増中。

 

 

 

山口でうまれた歌

 

佐々並

 

山口線唱歌

 

山口市立良城小学校合唱団

「卒業」

シェアしよう!